好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから

看護師さんのあれこれ記事一覧

・24時間体制の保育所の利用母子家庭の場合は子供の面倒を見ることができるのが自分、恵まれていれば実家しかありません。もし何かあっても、子供が頼れるのはお母さんが市場大きいのです。母子家庭で夜勤を行うには、情報収集が非常に重要になります。どのようにすれば夜勤を伴う勤務をスムーズにこなすことができるか、それが一番の課題になるのです。母子家庭になる事情は様々です。離婚した、死別した、妊娠したけど結婚しな...

・睡眠時間はしっかり取る夜勤専従や交代勤務の看護師の悩みは美容に関することが多いです。通常、美容に必要なのは夜10時〜朝方2時までの深い睡眠だと言われています。しかし、夜勤の場合はこの時間帯が勤務時間になりますので、寝るわけには行きません。ですから、美容に大切な睡眠時間だけは、別の時間帯、つまり仕事が終わった後、帰宅してから確保するのです。夜勤を要する病院のほとんどが3交代制です。以前は2交代制の...

家族の協力が必要夜勤がある場合、家事はどうしても後回しになるか、もしくは仕事に行く前にすることになります。ある看護師の1週間の勤務を見てみると、月曜日は夜から勤務ということで基本的にはお休みです。夕方には一度寝るため、その前に家事を終わらせます。0時からの仕事のため、21時に起きて食事、23時頃に出勤します。火曜日は昼過ぎまで仕事です。そのため昼食を外食で済まし、また夜勤があるため寝るのですが、昼...

・時間がすれ違うこともあります夫婦共働き、しかも両者ともに夜勤がある場合、生活がすれ違うことが多いです。子供がいれば子供のためにと、一緒にいますが、すれ違い生活が続くことで別れてしまう夫婦も少なくありません。結婚前はこのような生活になるとは想像していなかったのでしょうが、たとえばどちらかの転職などによって、夫婦ともに夜勤勤務ありの仕事をすることは十分考えられるのです。生活がすれ違えば、不満も出てき...

家族の協力が必要不可欠です長時間労働を強いられる場合、家庭と両立させるためには家族の協力が必要です。総合病院勤務の方の体験談では、ご主人が自営業で両親と同居のため、家事を行う人が別にいたため、子供が生まれても両立できた、ご主人が在宅で仕事をしていたため、家事の分担ができた、という声があります。また仕事の時間帯が夫婦同じであるために、一緒にいる時間を確保できたので、夫婦仲も悪くなることはなかった、と...

病院によって異なります看護師が一人でどのくらいの数の患者数を見るのかは、病院によって異なります。愛知県のある病院を見てみると、夜勤の看護師が病棟で見る担当の患者数は16〜17人になります。日勤の際は5〜6人ですから、非常に多いと思うかもしれませんが、この病院はがん治療専門の病院であり、夜勤の際は看護師の人数が少なくなりますので、一人当たりの担当患者数が増えるのは仕方ありません。しかし、一人の看護師...

・健康的な生活を送ることが大切夜勤の看護師が寿命を縮めていると言うのは迷信に過ぎません。確かに生活は不規則になりますし、体力も使いますから、20代の頃のように体力があるのであればまだ夜勤明けも元気でいられますが、体力が落ちてくると、50代でも夜勤をしている人がうらやましいと言うくらい、夜勤は体力を消耗します。もちろん今はありませんが、以前は夜勤の後に日勤という、休憩時間が数時間しかない、と言うシフ...

最近問題のパワハラセクハラ、と言う言葉はずいぶんと浸透した社会問題ですが、最近はパワハラも増えています。パワハラは和製英語であり、職権など、権力を使って業務の適正範囲以上に、継続的な人格や尊厳を侵害し、就労者が働きづらくなる、雇用不安を持つような好意を言います。一般的には、上司が部下に対して行うことが多く、また正社員が非常勤に治して行うこともあります。パワハラの種類には、暴行や侵害、脅迫に名誉毀損...

最初は辛いかもしれません結婚や子育て、介護など、様々な理由で看護の現場を数年はなれ、また看護師をしたいという思いから復帰する人も少なくありません。そのとき、夜勤を伴う業務を希望する人もいますが、ブランクがネックである、と言う人はけっこう多いでしょう。夜勤というと、日勤とは違った難しさがあるため、ブランクがあるから採用されないのではないか、もし戻ったとしても、業務をこなせないのではないか、という不安...