結婚・子育て・介護などブランクからの復帰後、夜勤はこなせる?

最初は辛いかもしれません

 

結婚や子育て、介護など、様々な理由で看護の現場を数年はなれ、また看護師をしたいという思いから復帰する人も少なくありません。そのとき、夜勤を伴う業務を希望する人もいますが、ブランクがネックである、と言う人はけっこう多いでしょう。夜勤というと、日勤とは違った難しさがあるため、ブランクがあるから採用されないのではないか、もし戻ったとしても、業務をこなせないのではないか、という不安にさいなまされます。しかしそれほど心配する必要もありません。新人のころは誰もが夜勤に不慣れだったように、ブランクのある人も、新しい職場に入っていけば新人とそれほど変わりありません。一つ違うのは、以前看護師として働いていたことがある、つまり経験があるということです。ですから少しずつ思い出しながら業務に当たっていくことで、勘を取り戻すこともできるのです。

 

現役の看護師に聞くと、5年間介護の現場で働き、点滴や注射などをまったくすることがなかった人が、外来や病棟などの現場に戻っても、看護師として必要な技術、知識を忘れることはなかった、と言います。夜勤は体力勝負ですし、人数も少ないですから、最初のうちは辛いと感じることもあるでしょう。ですが一度看護師として病棟勤務などで夜勤に当たったことがある人なら、どのくらいの体力が必要かわかりますし、意外とすぐに慣れるのです。

 

・ブランク可の求人は意外と多い

 

実際にブランク可の求人はどのくらいあるのかというと、ほとんど全部と思っていいでしょう。夜勤を伴う、あるいは夜勤専従の求人を見てみると、ブランク可と書かれた求人は割りと多いです。ブランク可という場合は、本当に人手不足で今すぐ看護師がほしいのか、教育制度がしっかりしているのでブランクがあっても不安になることはないか、のどちらかです。できれば人手不足で満足に現場になれる時間ももらえない職場は避けたいですよね。そんなときは転職支援サイトを利用してみましょう。看護師専門の転職支援サイトを利用すれば、あなたが見つけた求人を出している職場が、人手不足なのか、教育がしっかりしているのか、情報を得ることができます。専任のキャリアコンサルタントがいますので、一人では知りえなかった情報ももらうことができます。ですから、本当にブランクのある人が、看護師として夜勤をこなせるのかどうか、その不安を解消することができるのです。もちろんキャリアコンサルタントからあなたの条件に合った求人を紹介してもらうことも可能です。ぜひ、活用してみてください。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから