看護師は夜勤をすると寿命が縮まるというのは本当?

・健康的な生活を送ることが大切

 

夜勤の看護師が寿命を縮めていると言うのは迷信に過ぎません。確かに生活は不規則になりますし、体力も使いますから、20代の頃のように体力があるのであればまだ夜勤明けも元気でいられますが、体力が落ちてくると、50代でも夜勤をしている人がうらやましいと言うくらい、夜勤は体力を消耗します。もちろん今はありませんが、以前は夜勤の後に日勤という、休憩時間が数時間しかない、と言うシフトが組まれていることがありました。しかし今は労働組合や看護協会の仕組みがしっかりしていますし、病院も離職者を増やしたくありませんから、苛酷な労働環境は回避されています。

 

大切なことは、夜勤であっても健康管理をしっかりすることです。看護師が夜勤する場合、気をつけたいことは、睡眠前に日光を浴びないこと、天気のいいときに帰るときはサングラスをするなど、日光を避けるようにしましょう。日光は体の時計をリセットし、覚醒させてしまいますから、夜勤後、帰宅して眠ろうとする体には毒です。それから心室を暗くしたり、騒音となる元を消しておくなど、眠りにつくのに最適な環境を整えてから眠りましょう。夜勤中は仮眠時間があります。

 

この仮眠は短い時間でも質の高い眠りになりますので、しっかり眠るようにしましょう。夜勤中は明るい場所で仕事をし、目を覚ましておきます。また交代勤務があっても、食事の時間は規則正しく取りましょう。気をつけたいのは22時〜翌6時の食事です。この時間帯は抗カロリー避けるようにし、繊維質の多い野菜類を食べるようにしましょう。また基本ですが、禁煙も大切です。お酒は適量ならいいですが、睡眠前のアルコールは避けましょう。このように、健康管理に留意するだけで、寿命が縮まるという迷信を逃れることができるのです。

 

・不安なら相談してみて

 

こうした健康に留意した生活を送っていても、人は年を取りますから、次第に夜勤がきつくなってくるものです。それなら一層のこと夜勤専従になるか、夜勤のない病院への転職を考えたほうがいいかもしれません。もし、交代制のない職場への転職を考えるのであれば、看護師専門の転職支援サイトを利用しましょう。看護視専門の転職支援サイトには、多くの求人があり、あなたの働き方にあった求人を見つけ出したり、紹介してもらったりすることができます。譲れない条件を提示する、キャリアカウンセラーに相談するなどし、あなたの健康的な生活を守れる環境で働きましょう。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから