長時間労働で看護師の家庭との両立はできる?

家族の協力が必要不可欠です

 

長時間労働を強いられる場合、家庭と両立させるためには家族の協力が必要です。総合病院勤務の方の体験談では、ご主人が自営業で両親と同居のため、家事を行う人が別にいたため、子供が生まれても両立できた、ご主人が在宅で仕事をしていたため、家事の分担ができた、という声があります。また仕事の時間帯が夫婦同じであるために、一緒にいる時間を確保できたので、夫婦仲も悪くなることはなかった、と言う人もいます。長時間労働の場合、2交代制の夜勤が代表的ですが、16時間勤務と言うことも珍しくありません。この場合はやはり家族で協力し合わなければ、家の中はどんどん汚れていきますし、一緒に過ごす時間の確保も難しくなります。協力を得るためには理解してもらうことがまず必要ですが、世の中にはご主人の理解を得られずに仕事を辞めざるを得なかった、と言う人もたくさんいるのです。長時間勤務を伴う残業の多い看護師の仕事を続けるなら、まずは相手の理解を得るために、あなたがどれだけ看護師という仕事に充実さを得ているか訴えましょう。その上で理解を得られないのであれば、また別の方法を考えなければなりません。

 

・子育てとのバランスの難しさ

 

最近は女性の積極的な社会進出を目指す政府の方向性もあり、女性の働き方に注目が集まっています。看護師の多くの悩みが、出産すると2交代制、3交代制で勤務することが難しい、と言うことです。子供との時間が取れなくなる、と言う理由が最も多く、また24時間体制の民間保育所に入れても、保育料が認可保育園よりも高いため、続けられない、と言う人もいるのです。この場合は、24時間体制の認可保育園を探すか、または24時間体制の託児室を設置している病院を探すしかありません。ご家族の協力があり、お子さんもある程度大きくなっていれば、他のご家族と一緒に過ごしたりすることもできますが、まだお母さんに甘えたい年頃のお子さんと長時間はなれることは、お母さんにとっても辛い部分があります。長時間労働を強いられる看護師という仕事であっても、子供や家族との時間を持ち、仕事に従事していくことは中々難しいことなのです。

 

それでも長時間労働を伴う勤務で家庭と両立させたいと言うのなら、転職支援サイトを利用してみましょう。看護師専門の転職支援サイトには、専任のキャリアコンサルタントが常駐しています。いろいろな悩みや不安を打ち明けることで、解決に向けて働いてくれたり、それにあった求人を紹介してくれます。もちろん24時間体制の託児所つきの病院の求人もあります。一般的な求人サイトでは見ることのできない求人が、揃っているのです。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから