好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから

看護師のお給料記事一覧

・管理職に就く夜勤以上に稼ぐには管理職を目指す方法が最もポピュラーです。夜勤は日勤以上に稼ぐことができますが、それ以上に管理職は年収が多く、800万円以上と言うパターンも珍しくありません。その前に高待遇の職場を探す必要があります。給料のいい職場は管理職の給料も高く、ボーナスや月給がきちんともらえるようになっています。その上で管理職を目指すわけですが、管理職は看護管理の研修を受けることが第一条件にな...

・日勤より確実に高いです2交代制と3交代制の夜勤専従看護師の給料は日勤を含む看護師より高いです。夜勤を1回するごとに、およそ25000〜35000円の給料が発生すると言われています。もちろん地域や職場によって給料は異なりますので、場合によっては1回45000円という職場もあります。夜勤専従の場合、基本給、夜勤手当に回数をかけたもの、さらに手当てを加えた金額が給料になるパターンと、一回の夜勤給料に回...

年齢や待遇によって違います日勤のみで、夜勤を伴わない勤務の看護師の場合、給料は経験、年齢、病院で異なります。ある看護師の給料を見てみると、45歳正看護師、訪問看護ステーション勤務で月給40万円、年収610万円となっています。一方病棟勤務日勤のみの准看護師42歳の場合は、月給20万円、年収317万円です。この方は5年目の方で、職場復帰したため給料は安いのですが、残業もほとんどないので満足していると言...

・夜勤手当は変わらないのに仕事内容はきつい元々人数の少ない職場や、一人でも対応できるような夜勤の場合、夜勤の配置人数が1人、と言うことも珍しくありません。実際に、産婦人科病棟で、夜勤を1人でこなしているという総合病院もあります。お産で入院してくる人が重なっても、1人で全て対応しなければなりません。管理入院患者やお産を終えたばかりなど点滴などが必要な患者のナースコールにも答えなければなりませんから、...

・病院によって大きく異なります夜勤手当がどのくらいつくのかは、病院によって大きく違います。実際に夜勤に従事している看護師によると、ある公立病院では、1回当たり1000円ということもあるそうです。最も多いのは8000〜10000円ですが、都市部の病院であれば、1回当たり3〜4万円というのも珍しくありません。夜勤手当は法律で定められているわけではありませんから、このように差が出るのは仕方ないことです。...