好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから

看護師の夜勤記事一覧

新人でも夜勤専従になれる可能性はあります夜勤専従看護師に求められるのは、判断力、臨機応変能力と、経験を積んでいたほうが働きやすい能力ばかりです。しかし、新人だから夜勤専従になれないと言うわけではありません。新人看護師の中には、総合病院の病棟勤務を希望する人もいるでしょう。病棟勤務と言うことは、1ヶ月に数回夜勤があります。夜勤になると子供との時間が取れない、家庭のことができないなど、実は小さいお子さ...

・3〜4時間の残業をすることもあります夜勤勤務を求める病院がなぜ多いのかというと、慢性的な人手不足だからです。夜勤だけではなく、日勤に従事する人も少ない、交代制の場合は看護師自体の人数が絶対的に少ないのです。そうすると、当然ながら残業なし、と言うことにはなりませんから、勤務時間の延長、3〜4時間の残業と言うのも珍しくありません。看護師の仕事自体、責任感は重く、患者さんや家族、同僚医療従事者とのコミ...

・バイタルサインと一般状態観察夜勤看護師の仕事の基本として、バイタルサイン、一般状態観察があります。この2つは、準夜勤であれば夕食後に、夜勤の場合は決められた時間に、懐中電灯を持って行います。血圧測定は場合によって行いますが、申し送りをした際、患者さんの状態を見て選び、測ります。血圧測定をする患者さんは、手術したばかり、循環動態に変化が見られると予想される患者さんに対して行うことが多いです。もし落...

・新人ほど恐怖心が勝るものです夜勤をするときに一つ疑問に思うのが、夜の巡回は怖くないのかと言うことです。夜の巡回は廊下も病室も真っ暗で、明かりがついているのはナースステーションだけです。この暗闇が怖いと言う人も多いですし、また病院につき物の怪談を想像して怖いと言う人もいます。このような恐怖心以外にも、夜勤の人数が少なく、人が1人欠けたときに急変や命に関わる急患が運ばれてきたらどうしよう、と考えて怖...

・以前は非常勤がメインでした夜勤専従は以前は正社員の募集はほとんどなく、非常勤が大半でした。正社員以外のパート、契約社員、アルバイトで、時給制だったため、給料も今より少なかったのです。しかし最近は、夜勤専従者の離職を減らす目的から、夜勤専従の看護師を正職員として採用し、ボーナスはもちろん、夜勤手当を出す病院も増えています。教育制度もしっかりしており、日勤で働く人と変わらない勤務形態、条件で働けるの...

・夜勤協定とは夜勤協定と言うのは、労働組合と使用者の間で、夜勤のための合意文書を取りまとめたものです。1ヶ月、どのくらいの夜勤回数を上限とするかというものを定めています。たとえば1回当たりの夜勤従事人数、妊産婦保護、協定遵守を点検するための方法などが書かれています。ただし、労働基準法などによって、夜勤協定がなければならないと言うことは定められていませんので、雇用契約書などに夜勤が含まれていれば、夜...

・夜勤が直結していることもあります夜勤は体力を奪い、年齢を重ねるほど辛くなります。実際に看護師の離職率を調べたところ、看護師の離職率は下がっているものの、夜勤時間の長い病院は離職率が上がっているそうです。その確率は、夜勤が月72時間以上ある病院で31.9%となっています。看護師の離職率は常勤で10.9%ですから、非常に高いことが分かるでしょう。また月80時間以上の夜勤をする看護師の離職率は17.3...