夜勤勤務中に人手が足りなくなって困ることとは?

 

・3〜4時間の残業をすることもあります

 

夜勤勤務を求める病院がなぜ多いのかというと、慢性的な人手不足だからです。夜勤だけではなく、日勤に従事する人も少ない、交代制の場合は看護師自体の人数が絶対的に少ないのです。そうすると、当然ながら残業なし、と言うことにはなりませんから、勤務時間の延長、3〜4時間の残業と言うのも珍しくありません。

 

看護師の仕事自体、責任感は重く、患者さんや家族、同僚医療従事者とのコミュニケーションなど、難しい部分を求められます。その上さらに残業と言うことになれば、難しいことも多いでしょう。病院によっては残業が慢性化しており、残業代は一切出ないと言うこともあります。このような過酷な環境の勤務先は、1つや2つではありません。実は多いのが実態です。看護師の悩みとしてよく聞かれるのは、残業の中でも特にサービス残業が多い、体力が持たない、その状態が慢性化しているということです。看護師のイメージとしてよく言われる、きつい、という項目は、まさにこのサービス残業や1日あたり3〜4時間の残業時間からもうかがえることなのです。

 

・情報を集めてから転職活動を

 

サービス残業を強制させられる病院が多いのは事実ですが、全ての病院がサービス残業を強いられるわけではありません。病院によっては人員不足という事態も回避され、残業自体が少ないと言うこともあります。またもしも残業することになっても、残業手当がしっかりつく、と言う病院だってあるのです。ではそのような勤務先はどのように探せばいいのでしょうか。その方法は、転職支援サイトを利用することです。転職支援サイトの中でも看護師に特化した転職支援サイトなら、看護師、准看護師、保健師、助産師、看護学生だけが登録し、それぞれの条件に合った求人を探し出すことができます。登録することのメリットは、会員になることで専任のキャリアカウンセラーがつき、悩み相談や質問に応じてくれるだけではなく、あなたの条件に合った求人の紹介をしてくれます。

 

たとえば地元に密着した病院、クリニック、残業の有無、保育所の完備、教育制度の充実など、様々な条件から選ぶことができます。最寄り駅なども選ぶことができますので、通いやすさを重視する人にも利用価値は高いのです。看護師専門の転職サイトでは、面接指導や充実したアフターケアなど、転職希望者にとってほしい情報、対応がたくさん揃っています。自分ひとりの力では難しい条件にぴったり合った病院への転職も、看護師専門の転職サイトだからこそできることがあるのです。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから