看護師夜勤の仕事内容とは?巡回・ナースコール対応・カルテ整理・翌日の診察準備など

 

・バイタルサインと一般状態観察

 

夜勤看護師の仕事の基本として、バイタルサイン、一般状態観察があります。この2つは、準夜勤であれば夕食後に、夜勤の場合は決められた時間に、懐中電灯を持って行います。血圧測定は場合によって行いますが、申し送りをした際、患者さんの状態を見て選び、測ります。血圧測定をする患者さんは、手術したばかり、循環動態に変化が見られると予想される患者さんに対して行うことが多いです。もし落ち着いている患者さんであれば、特に測定はしません。脈拍も同じように、申し送りで決めた患者さんの脈拍数やリズム、緊張度を診ます。

 

夜勤で患者さんが寝ていても、確実にできます。呼吸では、胸郭の動きや回数、リズムを見ます。もしも見づらいという場合は、手を鼻腔に当て、呼吸に以上がないかどうか診ます。注意が必要なのは肥満患者で、呼吸が睡眠中に止まってしまうということもありますから、観察しなければなりません。呼吸状態を見るのが難しい場合は懐中電灯を胸部に当てて、胸郭の動きを見ますし、人工呼吸器を装着している患者さんであれば、作動、ファイティングの有無を診ます。状況によって体温測定も必要です。日中発熱していた患者さん、術後の患者さんは特に定期的に見る必要があります。

 

・睡眠観察とナースコール

 

ナースコールへの対応も夜勤の仕事です。夜というのは患者さんが最も不安になる時間帯でもありますので、巡回のときに、ナースコールが手元にあるかどうか見ます。上半身が動かしづらい場合はセンサー式のナースコール、カスタネットタイプのものがありますから、どんな患者さんでも、いつでもナースコールできるようにします。夜間であれば、他の患者さんに迷惑がかからないよう、ベッドサイドまで行って容態を聞きます。
これは患者さんにも安心感を与える結果になりますので、ナースコールを受けたら早く患者さんのところへ行き、目視でも観察します。

 

ほかにも心電図モニターや輸液ポンプ、観血式ケツアツモニタなど、様々な機器の保守点検も、夜勤看護師の仕事です。日勤は臨床工学技師の仕事ですが、夜勤の時間帯にはいませんので、看護師が、輸液の設定値および実測値の比較、ドロップ機能の速度、アラームの作動などを点検しなければなりません。また日勤よりも事故が起こる確率が看護業務においては多くなるため、事故防止対策を行うのも夜勤看護師の重要な役割です。カルテ整理はできるうちにやってしまう、翌日の診察準備を整えること、こうした細かい作業から大きな仕事まで、夜勤看護師に求められるのです。

 

もしあなたが夜勤看護師として仕事をしたいのであれば、夜勤看護師の仕事内容をまず知っておくことで、よりスムーズに仕事ができるようになるでしょう。夜勤看護師としての転職をしたいという場合は、看護師専門の転職支援サイトを利用し、情報収集をしてみてください。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから