夜勤のみで正社員として働くことができる病院はある

・以前は非常勤がメインでした

 

夜勤専従は以前は正社員の募集はほとんどなく、非常勤が大半でした。正社員以外のパート、契約社員、アルバイトで、時給制だったため、給料も今より少なかったのです。しかし最近は、夜勤専従者の離職を減らす目的から、夜勤専従の看護師を正職員として採用し、ボーナスはもちろん、夜勤手当を出す病院も増えています。教育制度もしっかりしており、日勤で働く人と変わらない勤務形態、条件で働けるのです。

 

夜勤は日勤とはまったく違いますし、仕事内容も日勤と違います。夜勤は急患対応や、急変した入院患者さんへの対応など、様々な仕事があります。ですから責任感もまた日勤とは違うのです。ですが最近は夜勤専従を希望する看護師が増えています。もちろん家庭との両立が難しいと言う人もいますから、全員が全員夜勤専従を希望するわけではありませんが、昼夜逆転になるだけで、生活スタイルが確立しやすいと言う声も実際あるのです。睡眠時間も確保しやすいと言う人もいますし、何よりも給料が日勤よりも多いのは魅力的、と感じている人もいます。

 

・夜勤専従で正社員を目指すなら

 

夜勤専従で働きたい、興味があるという人もいるでしょう。もし、あなたが夜勤専従看護師として働きたいと思っているのなら、情報を集めることは必要です。多くの人が正社員として働くことを希望していますが、夜勤専従の正職員募集を見つけるためには、看護師専門の転職支援サイトを利用してみるといいでしょう。看護師専門の転職支援サイトには、専任のキャリアカウンセラーがいますので、あなたの希望条件にぴったりの求人を見つけ出し、紹介してくれます。夜勤専従、正社員ということ以外にも、給料面、休日のことなど、様々な待遇のことなどを確認し、希望する求人があればキャリアカウンセラーに相談してみるといいでしょう。

 

最近は多くの病院が夜勤専従看護師を導入する取り組みを見せています。これはやはり離職者を軽減することを目的としており、夜勤専従看護師を導入することで、離職者も減ったと言うデータもあります。夜勤と日勤が交互に来ると、体力が持たない、休みが取れない、プライベートな時間が持てないなど、様々な問題が出てきます。そのためやめていく人が多いのです。それなら時間が一定の夜勤専従になりたいと希望する人が増えているのです。この需要と供給がマッチすることで、夜勤専従看護師も正職員として働きやすくなりますので、希望する方はぜひ一度転職支援サイトに問い合わせてみてください。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから