看護師の3交代勤務「日勤」「準夜勤」「夜勤」の良いところ・つらいところ

拘束時間が短いのがメリット

 

3交代制のメリットは、拘束時間の短さです。これは24時間を3で割った数が基本的な勤務時間となりますので、1日の労働時間は8時間と言うことになります。ただし、前の勤務者からの申し送りがありますので、実際には8時間30分とすることが多いです。
たとえば日勤は8時30分〜17時、準夜勤は16時30分〜翌1児、夜勤は12時30分〜9時というようなシフト体制になっています。この重なった30分で申し送りをしますが、2交代制と違い、夜勤は1日16時間勤務となりますの、職場への拘束時間を考えるなら、3交代制のほうがメリットは大きいと言えるでしょう。また実際に働いている人が感じるメリットは何か、というと、やはり拘束時間の短さが多くあげられています。通勤にタクシーを利用することも多いのですが、病院によってはタクシーチケットを配布する場合もありますので、交通費の心配はそれほどありません。

 

シフトは日勤、夜勤、準夜勤、休みの流れになります。病院により違いはあるものの、8時30分〜17時、翌0時30分〜9時、翌日16時30分〜翌1時、そして休みとなりますので、休日でも睡眠時間によって、活動するのは昼過ぎから、と言うことも多いようです。しかし家で休息できる時間が長いというのもメリットと感じている人も多いようです。

 

・疲労の回復は難しい

 

実際に3交代制で働いている人がかんじるデメリットに多いのは、シフト交換が小刻みなため、疲れが中々癒えない、と言う声です。また病院によってはタクシーチケットが出ませんので、交通費がかかると言う声もあります。さらに残業もありますので、睡眠時間が短いまま翌日の勤務に入ると言うことも珍しくありません。

 

もしあなたが3交代制の勤務を考えているのなら、タクシーチケットあるいは夜勤をした日数分の交通費が別に出るのか、求人票で確認しましょう。このとき便利なのが看護師専門の転職サイトです。たとえば求人票に交通費について詳しく書かれていない、たとえば「規定による」と書かれているような場合でも、専任のコンサルタントが病院側にしっかり確認してくれます。

 

またシフトの流れについて、残業の有無、労働時間など、気になることを全て解決してから面接に臨むことができますので、非常に便利です。地域に密着したキャリアコンサルタントが、あなたのほしい情報をくれるのです。またあなたの希望条件に見合った求人を探し、非公開求人も含めて紹介してくれますので、いち早く情報をキャッチできます。ぜひ活用してみてください。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから