好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから

夜勤専従看護師記事一覧

・病院によって教育内容が違う夜勤専従看護師の教育内容は、病院によって異なります。ある病院は、勤務開始前に数日程度の教育を別途日中に行います。そこで病院のシステムや働き方、病院の内部などを理解するのです。夜勤はどうしても日勤よりも人数が少ないため、このシステムを採用する病院も少なくありません。また別の病院では、初日から夜勤勤務であるものの、先輩看護師がついてマンツーマンで教育します。夜勤時における仕...

看護師としての基本スキル夜勤専従看護師は最近人気があり、交代制の勤務が難しい、お金を稼ぎたい、日中は学校に通っているなど、様々な理由から希望者が後を絶ちません。夜勤専従看護師に求められるのは、病棟勤務がメインですから、体位交換、トイレ介助、点滴管理に採血や検温といった基本スキル、経験が求められます。もし救急外来で勤務するのであれば、医師の診察を手伝ったり、病棟や管理との連絡交換、患者さんや家族に案...

両立は大変です結婚、妊娠しても、仕事を続けたい、出産後も今までどおりの仕事を続けたいと言う人は多いです。しかし、夜勤明けになると、帰宅する頃には子供たちも起きていますし、中々子供と一緒の時間を取ることが難しいです。子どもが大きくなり、留守番できるようになれば、夜勤も安心してできるようになるのでしょうが、赤ちゃん、幼稚園児、小学校低学年となるとまだ難しいです。保育所の完備がしっかりしている、考慮して...

家族の協力が必要不可欠職場復帰となれば、看護師だけではなく、どのような職種でも同じことですが、家族の協力なしには働くことはできません。というのも、日本はいまだに育児、家事は女性の仕事、という概念が抜けていない場合が多く、結婚し、共働きであっても、家事の一切、育児のほとんどを妻のほうがするからです。夫に理解があり、協力を得られるのであればいいのですが、固定概念を持った人の考え方を覆すことは容易ではあ...

・時間で見るメリット準夜勤はほとんどの病院で16時頃〜0時まで勤務となります。準夜勤の仕事時間が終わるのが0時と言うことは、夜帰宅し、しっかり眠ることができます。それでいて日中の活動時間も取れますから、銀行に行くなど用事も済ませることができますので、プライベートは割りと充実しています。また行きも帰りも、上手くいけばまだ電車が動いていますから、タクシー代などを余計に使わなくて済みます。もちろん、0時...

・睡眠時間の確保は必須夜勤は体力勝負です。最初のうちは大丈夫だと思っていても、昼夜逆転した生活はいずれ体に支障をきたします。夜勤は日が落ちてから出勤し、日が昇るころに終わりますから、日中はほとんど眠っています。この睡眠をいかに上手にとるかによって、夜勤に必要な体力が保たれ、健康が維持できるかが変わってくるのです。夜勤なら日勤のように体力を使うこともないだろうと思っている人も多いですが、実際にはそう...

2交代制なら仮眠時間があります夜勤専従の看護師が夜勤をしたい理由は、日勤を伴う仕事よりも生活のリズムが使いやすい、お給料がいいなど、様々ですが、日勤よりも楽だから、と言う理由で夜勤専従を希望する人はいません。というのも、夜勤には夜勤の忙しさがあるからです。確かに患者さんは夜眠っていますし、3交代制なら、夜勤に入るのは医療行為などが全て終わった状態からです。もちろん夜までかかる点滴などをしている場合...