夜勤専従看護師になるにはどの程度のスキル・経験が要求される

 

看護師としての基本スキル

 

夜勤専従看護師は最近人気があり、交代制の勤務が難しい、お金を稼ぎたい、日中は学校に通っているなど、様々な理由から希望者が後を絶ちません。夜勤専従看護師に求められるのは、病棟勤務がメインですから、体位交換、トイレ介助、点滴管理に採血や検温といった基本スキル、経験が求められます。もし救急外来で勤務するのであれば、医師の診察を手伝ったり、病棟や管理との連絡交換、患者さんや家族に案内、説明をする、病棟に引き継ぐといった、救急外来だからこそ得られるスキル、経験が必要です。中でも救急外来は、看護師の配属が夜間は1人、と言うことも良くありますから、仕事の内容は厳しく、病棟勤務の看護師以上に、豊富な知識、経験が問われます。さらに仕事を素早く行う、臨機応変に対応できる力、判断力も必要です。

 

・いかなる状況にも対処できる力

 

さて、意外と多いのは、昼間入院してきた患者さんの顔と名前が一致しないということです。夜勤に入る頃にはもう外来も終わっていますから、緊急で入院してこない限り、顔と名前を知らない患者さんがいつの間にか入院しているということが実際にあるのです。このようなとき、入院した患者さんの急変など、対応していかなければならず、冷静な判断力が求められます。さらに処置も適切に行わなければなりません。
このことから、夜勤専従看護師に求められるのは、日勤とは違う夜勤を勤め上げるための責任感と覚悟、と言うことになります。

 

・転職を希望するなら情報収集をしよう

 

夜勤専従看護師の求人はどのように探せばいいのかというと、看護師専門の転職サイトを活用しましょう。看護師専門転職サイトは非常に多く、大手企業が運営するサイトもあります。そこには専任のキャリアカウンセラーがいますので、あなたの希望条件に合った求人を探し出し、紹介してくれます。夜勤専従の求人も、非公開求人を含めて豊富に取り揃えていますので、情報が少しでもほしいと言う方は登録をお勧めします。というよりも、夜勤専従を希望するからこそ、転職サイトには登録すべきです。地域に密着したキャリアカウンセラーが多数在籍していますので、職場の雰囲気、人間関係をはじめ、様々な情報を与えてくれるのです。そのほかにも、給与体系や雇用形態、保育所の有無など、様々な情報が揃っていますし、求人を探す際も、細かく条件を指定して探すことが可能です。この機会に、ぜひ活用しましょう。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから