夜勤専従看護師で小さい子供の子育てと仕事の両立は可能?

両立は大変です

 

結婚、妊娠しても、仕事を続けたい、出産後も今までどおりの仕事を続けたいと言う人は多いです。しかし、夜勤明けになると、帰宅する頃には子供たちも起きていますし、中々子供と一緒の時間を取ることが難しいです。子どもが大きくなり、留守番できるようになれば、夜勤も安心してできるようになるのでしょうが、赤ちゃん、幼稚園児、小学校低学年となるとまだ難しいです。保育所の完備がしっかりしている、考慮してもらえる職場ならいいでしょうが、家庭環境に関係なく、夜勤が1ヶ月に数回入る職場であれば、転職を余儀なくされることも少なくありません。こうして仕事を辞めてしまう人が多いために、夜勤専従看護師や夜勤を伴う求人が増えていくのです。

 

ご主人が在宅勤務や自営業、実家で同居、など、誰かしら面倒を見てもらえるのであれば夜勤も難しくありませんが、24時間保育所や、24時間稼動している託児所などを利用しなければ、子育てしながらの夜勤は難しくなります。さらに仕事から帰って、子供とのひと時を取るのは、夜勤で疲れた体に鞭打ってすぐにするか、昼寝を一緒にできるような時間にならなければ難しいことです。夜勤の翌日も夜勤が入っているような場合、たとえば準夜勤の翌日が夜勤のようなシフトでは、余計に難しくなります。また疲れ果てた場合、翌日が休みならぐっすり眠りたいと思うでしょう。だからこそ、小さいお子さんがいる看護師さんは、転職を選んだり、日勤のみの外来などへの配置換えを希望するのです。

 

・両立できるパターンもあります

 

子育てとの両立が大変な夜勤ですが、両立している人ももちろんいます。たとえば夜勤専従の看護師です。子供が小さいと難しい、と思っている人も多いでしょうが、実はお子さんを持つお母さん看護師ほど、夜勤専従看護師は多くいます。夜勤となると、勤務時間は夜ですから、昼間子供と一緒の時間を持つことができます。

 

夜の勤務時間中は、家族と同居していれば、家族にお願いすることができますし、もし頼る人がいない場合でも、24時間体制の保育所や託児所を利用することが可能です。実際に、24時間耐性の併設保育所を設置している病院は多いです。もしあなたが今までどおり、夜勤もある仕事を続けたいと言う場合は、24時間体制の保育所を活用しながら、お子さんとの時間を持ちつつ、夜勤もできるような職場を探すといいでしょう。
転職を希望するのであれば、看護師専門の転職サイトを利用すれば、24時間体制の保育所が併設されている病院や、融通の利く病院などの求人を見つけることができます。帰宅すれば家事をしながら子供の面倒も見なければなりませんが、同じ状況下に置かれているお母さん看護師は多いので、保育所の情報交換も可能です。キャリアコンサルタントが豊富な情報を持っていますので、スムーズに希望条件に合った求人を探し出すことができるのです。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから