夜勤専従看護師は周りの人にどれくらい家事や育児の手伝いをしてもらう?

家族の協力が必要不可欠

 

職場復帰となれば、看護師だけではなく、どのような職種でも同じことですが、家族の協力なしには働くことはできません。というのも、日本はいまだに育児、家事は女性の仕事、という概念が抜けていない場合が多く、結婚し、共働きであっても、家事の一切、育児のほとんどを妻のほうがするからです。夫に理解があり、協力を得られるのであればいいのですが、固定概念を持った人の考え方を覆すことは容易ではありません。それでも、特に夜勤を伴う看護師のような仕事は、家族の協力が必要不可欠なのです。子供が小さいと、日中は保育所に預けたり、夜勤明けなら子供の面倒と家事をすることもあるでしょう。しかし、子供が急病になったりした場合、お迎えや看病などは、周囲に協力を得なければお母さんのほうが倒れてしまいます。

 

時間が不規則な仕事だからこそ、理解を得なければならないのですが、理解や協力、働ける環境がないために夜勤を伴う仕事を辞めていく看護師はたくさんいます。そして大半の看護師が、専業主婦になるか、日勤のみの仕事に転職するかをかんがえるようになるのです。

 

・24時間体制の保育所も考慮に入れよう

 

もしも夜勤に従事する仕事にこだわるのなら、周囲の協力はもちろん必要になりますが、それでもどうしようもない場合、24時間体制の保育所を活用していくのが賢明です。最近は民間の保育所にも24時間体制の保育所が増え、さらに認可保育園にも夜間対応の保育園がありますが、需要を満たすことはありません。民間の保育所は非常に高いので、やはり割安な認可保育園を希望する人は多いです。
しかし、ここで看護師専門の転職支援サイトを覗いてみると、意外と24時間体制の保育所を併設している病院が多いことが分かります。24時間体制ですから、食事、睡眠は保育所で管理してくれますし、日勤、夜勤に関係なく預かってくれます。看護師専門の転職支援サイトには、たくさんの求人が寄せられています。一般的な求人サイトでは見ることのできないような非公開求人もたくさんありますし、むしろ非公開求人のほうが公開されている求人よりも多いくらいです。

 

専任のキャリアカウンセラーがついてくれますので、地域に密着した情報を教えてくれたり、面接指導や履歴書や職務経歴書の書き方などを丁寧に教えてくれます。ですから安心して転職活動に取り組むことができるのです。希望する職場の環境や残業のことなども情報を提供してくれますので、あなたの条件にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから