夜勤専従看護師の教育は通常の正社員同様にある?

・病院によって教育内容が違う

夜勤専従看護師の教育内容は、病院によって異なります。ある病院は、勤務開始前に数日程度の教育を別途日中に行います。そこで病院のシステムや働き方、病院の内部などを理解するのです。夜勤はどうしても日勤よりも人数が少ないため、このシステムを採用する病院も少なくありません。また別の病院では、初日から夜勤勤務であるものの、先輩看護師がついてマンツーマンで教育します。夜勤時における仕事内容、注意事項、救急車の受け入れなど、日勤とは違った仕事が夜勤にはあるのです。

 

日本看護協会によると、夜勤専従看護師の勤務形態は、正社員はもちろん、パートやアルバイトなどもあります。1ヶ月の上限勤務時間は144時間と定められており、夜勤のみに従事します。原則日勤は行わず、日勤の看護師の病気など、やむをえないときに限り、日勤をすることがありますが、このときも夜勤専従者として扱われます。ですから扱いは看護師であり、教育制度はその病院にのっとって行われるのです。病院によって教育内容は違いますし、場合によっては教育がほとんどない、と言う病院もあります。

 

教育内容に関わらず、体験談を見ると、夜勤専従のほうが気が楽、と言う人が多いようです。しかし、救急搬送された患者さんの対応に負われることももちろんありますから、日勤とは仕事内容が違うとはいえ、夜勤専従看護師にもそれ相応の責任感が求められると考えましょう。

 

・転職サイトで情報収集をしましょう

 

夜勤に従事したいけれど、教育制度がどうなっているのか不安、そんな考えを持つ方は多いでしょう。今の職場に不満があり、転職を考えている、夜勤専従への転職がしたい、と思っていても、不安が邪魔して中々上手くいかないことがあります。事前に教育制度について情報が得られれば、これほど助かることもありません。

 

そんなときは看護師専用の転職サイトを利用してみましょう。看護師の転職サイトは非常に数が多く、専属のキャリアコンサルタントがついてくれますから、地域に密着した情報を提供してくれます。あなたの条件にぴったりの求人を紹介してくれるのはもちろん、夜勤専従の求人、教育制度のしっかりしている病院を紹介してもらうことができるのです。膨大な数の求人から、あなたにぴったりの求人を、自分で探す必要がなく、また面接指導や履歴書、職務経歴書の書き方も教えてくれます。このように、看護師の転職サイトには大きなメリットがありますので、ぜひ活用してみてください。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから