夜勤専従看護師に必要な体力や健康面で気を付けること

・睡眠時間の確保は必須

 

夜勤は体力勝負です。最初のうちは大丈夫だと思っていても、昼夜逆転した生活はいずれ体に支障をきたします。夜勤は日が落ちてから出勤し、日が昇るころに終わりますから、日中はほとんど眠っています。この睡眠をいかに上手にとるかによって、夜勤に必要な体力が保たれ、健康が維持できるかが変わってくるのです。

 

夜勤なら日勤のように体力を使うこともないだろうと思っている人も多いですが、実際にはそうではありません。夜勤は人数が少ない分、急患や急変があれば医師のサポートを最悪1人で行わなければなりません。そうすると、精神的な体力も削られますし、肉体的な体力も必要となってくるのです。よく夜勤明けの人が、あくびをしながらぐったりした様子でいるのは、そのせいです。ですから睡眠時間を十分に取り、体力は回復させるようにしましょう。また睡眠をとるとストレスの解消にもなりますし、夜勤明けにしっかり眠ることで、体調管理もできるようになります。2交代制の場合は仮眠時間がありますので、仮眠時間にしっかり眠ることが大切です。

 

・食事の内容にも気をつけて

 

夜勤専従看護師にとって健康は必要不可欠です。夜勤は人数が少ないため、病院によってはぎりぎりの人数しか配置しない場合もあります。一人欠ければ、その分他の人に負担が回り、次の人が休み、また次の人が休みと、悪循環になってしまいます。そうならないためにも、普段から健康管理には気をつけなければなりません。そのために必要なのが食事管理です。栄養バランスの整った食事、風邪を引きにくい、免疫力を上げる食事も気にかけてみるといいでしょう。また夜勤は体力勝負ですから、体力をつけるための食事もお勧めです。健康的な生活で夜勤を続けるためにも、食事の内容には気を配りましょう。

 

・無理をせず相談を

 

もし、体力的に、健康的に夜勤専従への不安があるようなら、転職サイトなどを利用し、専任のキャリアコンサルタントに相談してみるといいでしょう。キャリアコンサルタントは、無理をせずに夜勤に専念できる環境の病院の求人があれば、あなたに紹介してくれます。あなたの条件に合った求人を紹介してくれるのが転職支援サイトですから、夜勤専従看護師を希望する方は、一度サイトを見てみるといいでしょう。ストレスを溜めないことももちろん重要ですが、悩みや不安があるとストレスは解消できませんから、キャリアコンサルタントを頼るなど、不安、悩みは解消していきましょう。

好条件の看護師求人が無料で見られる? >>>詳細はこちらから